運動

筋トレは『頻度』と『質を高めること』どっちも大切です【頻度をこなすから質も変わる】

悩むOL

頻度の多い筋トレ生活と、週1回でも質を高めることを意識した筋トレ生活、どっちを優先すれば体は変わりやすい?


どうも、しもちゃん (@shimo_fit) です!
今回もこういった疑問にお答えします。

✔︎ 本記事の内容
  • 筋トレで頻度と質どっちも頑張るべき理由
  • 筋トレの質を高める方法3つ
  • 筋トレ頻度を増やすなら継続性も大切



この記事を書く僕は、筋トレ歴6年目。
今では筋トレを週3~4回継続してます。


筋トレ初心者の場合、「頻度」と「質を高めること」どっちを優先して良いか悩みますよね。

結論から言うと、筋トレは頻度と質を高めること、どっちも大切です。頻度が少なければ質は上がらないし、質を高めるように頑張らないと筋肉は成長しづらいためです。


そこで今回、「筋トレで頻度と質どっちも頑張るべき理由」や、「それぞれ2つののポイント」についてもお伝えしていきます☺︎

筋トレで頻度と質どっちも頑張るべき理由とは?

繰り返しですが、筋トレするなら頻度を増やすこと、1回の筋トレ内容の質を高めること、どっちも大切です。

まずはこの理由を理解していきましょう。

  • トレーナーは週2回の筋トレを推奨してる?
  • 頻度が少ないと質を高めるのは無理ゲー


それぞれ順に解説していきますね♪

トレーナーは週2回の筋トレを推奨してる?

よく聞きませんか?
「筋トレは週2回頑張りましょう!」って。


僕は「週2回筋トレを頑張ればOK」というのは、半分正解で半分勘違いだと思ってます。
というのも、今の人たちは筋トレをする以前に「体を動かさない時間が長すぎる」んです。

1日8時間の睡眠、1日8時間のデスクワーク、三食の食事で1~2時間の座り生活。なので、週2回の筋トレでは筋トレ量としては少ないのです。


つまり、筋トレ(有酸素運動を含む)は週2日以上は必須ってことになりますね。

頻度が少ないと質を高めるのは無理ゲー

筋トレは頻度が多い方が良いといえ、「ただ体を動かすだけ」では意味がありません。

というのも、筋トレには「適切な強度」や「テンポ」、「休憩時間」があります。適切な筋トレをすることで、筋肉は効果的に成長し、体のラインも変わるのです。


最近SNS上で「1日5分で〇〇をするだけで痩せる」といった情報を見かけます。が、仮に毎日続けても、質(トレーニング時間が短い)がイマイチだと、結果が出るまでには時間がかかるのは当然。

とはいえ、頻度をこなさないと質は上がらないので、今できる範囲で続く筋トレをするのも大切です☺︎

筋トレの質を高める方法3つ

次に筋トレの質を高める方法や、コツについて解説します。

筋トレの質を高める方法
  1. 筋トレ中のペースを一定に保つ
  2. 筋繊維を壊したら、しっかり休む
  3. 筋トレ後はタンパク質を摂取


それぞれ順に解説しますね!

方法① : 筋トレ中のペースを一定に保つ

筋トレには理想のペースがあります。理想のペースを保ことで、筋繊維は傷つき筋肉の成長は早まるのです。

では、どのようなペースで筋トレすべきか?」という話なのですが、下記の通りです。



上記のような感じで、筋肉が伸びるときに『0秒・1秒・2秒・3秒』カウントし、筋肉が縮むときに『1〜3秒の間』のペースを保つ。

ただガムシャラに筋トレをするよりも、このペースを作ることで筋肉へのダメージは変わり、体のラインも変わりやすいでしょう。

しもちゃん

実際に僕のパーソナルでは、このペースを作りつつサポートし、結果を多く残せてるからこそ、この記事をかけてますね!


筋肉を最速で成長させる方法を知れば、最短コースで理想のボディが完成しやすくなるのです☺︎

方法② : 筋繊維を壊したら、しっかり休む

筋トレの質を高めるためにも、休息は必須です。「筋肉痛が多すぎるなら休む」など、体の調子に応じて筋トレメニューは考慮していきたいですね!

そして疲れ切った筋肉を回復させるために欠かせないのが、『睡眠』と『タンパク質』の摂取。


実際、ボディメイクに成功してる人はガムシャラに筋トレをしてる人よりも、休息の仕方が上手いので筋肉の成長が早いですね☺︎

しもちゃん

筋肉痛がある場合は、無理に体を動かさずに休みましょうね!

方法③ : 筋トレ後はタンパク質を摂取

筋肉の材料はタンパク質です。いくら筋トレを頑張っていても、筋肉の材料となる栄養を摂取してなければ、筋肉は成長しません…。

理想のタンパク質量は、1日体重×0.8~1g



僕は体重が63kgなので、約50~63gのタンパク質が1日に必須です。筋トレ後はプロテインを飲んだりして、タンパク質を摂取していこう☺︎



筋トレ頻度を増やすなら継続性も大切

冒頭から、筋トレをするなら「頻度」と「質」のどっちも大切と話しました。

頻度は多めに頑張りつつ、質を高めるには、やはり「継続性」が必須。なので下記のポイントを押さえておきましょう。

  • 筋トレを継続させるコツは習慣化させること
  • ジムに通えば、筋トレが飽きづらい


それぞれ順に解説していきますねっ♪

筋トレを継続させるコツは習慣化させること

頻度を保ちつつ継続させるには、筋トレに割く時間を事前に決めておく必要があります。

「土曜日の13時はジムに1時間行く」「1日に合計100回のスクワットを毎日こなす」とか。事前に内容を決めて、生活の一部にいちゃえば、継続がしやすくなるはずです。


できれば週3日以上は、体と向き合う時間を作れるとGOOD


さらに新しいトレーニングウェアやシューズ、プロテインを購入したりして、モチベーションを上げるのもオススメ☺︎

ジムに通えば、筋トレが飽きづらい

筋トレする時間を作ったが、「どんな筋トレをすれば良いのか?」と悩む人も出てくるだろう。当然だけど、ただ筋トレをすれば良い訳では、継続がしづらいですね。

なので、筋トレを継続させるためにも、ジムに入会することが超おすすめです。
最近だと6,000円台から入会できるジムもあるし、24時間空いてて、いつでも行ける環境が整ってますし。

で、ジムに行くメリットは以下のとおり。

ジムに行くメリット
  • マシンの種類が豊富
  • 同じ目標を持ってる人がいる


僕も24時間ジムに入会してますが、気分に合わせてマシンや筋トレ内容を変えてるので、飽きずに継続できてますね☺︎

しもちゃん

継続できる生活を作り、まずは「頻度」を増やしていこう!結果として、質も良くなりますので!

まとめ : 筋トレは『頻度』と『質』どっちも捨てれません

どっちも頑張るべき理由

筋トレは「頻度」をこなさないと「質は高まる」ことはない。


筋トレは1回の時間で質の良い内容を頑張ることも大切ですが、頻度をこなさないと筋肉は成長しません。

というわけで、どっちも捨てられないほど頑張りたいことなんですよね☺︎

頻度と質、どっちも意識して理想の体作りしちゃいましょー!!