悩み

筋トレ中に『あくび』が多い原因は酸欠です…。【ひとまず休むべし】

どうも、しもちゃん (@shimo_fit) です!

実際にトレーニング指導をしていると、あくびが出るお客様は多い。僕自身も筋トレをすると2〜3回出る。特に開始30分後あたりに。

なので、今回『筋トレ中にあくびが出る原因』を記事にまとめていきます♪

筋トレ中に『あくび』が多い原因

筋トレをすると筋肉に血液が集中し、その他に流れる血液量は減る。血液中に含まれるヘモグロビンが酸素を全身に運ぶので、脳に送られる血液量が減れば酸欠になるのです。

つまり、あくびが出たタイミングは「今、体が酸欠状態だから少し休んだほうがいいよ」って合図。これを無視して体を動かせば、目眩がでたり吐き気がでたり…。

実際に初めてパーソナルトレーニングを体験する人は、休憩時間の配分がわからず酸欠になりやすい。初めは自分が思ってる以上に休憩を取るのがオススメ。



基本的に筋トレ中は呼吸を止めない、できる負荷で頑張る。これがポイントだ。無理は禁物。ちなみに以前、お笑い芸人の超新塾のコアラさんがベンチプレス中に失神したこともトレーナーの中で有名。



筋トレは、いつ何が起こるかわからない。僕も気をつけないと…。

睡眠不足の状態で筋トレは注意!

睡眠時間が短いと、体は覚醒しきれない。そんな状態で体を動かせば、力が入れづらい。せっかくの筋トレ効果も半減だ…。

僕は睡眠時間短いと思った時は有酸素運動に切り替えてる。無酸素運動の筋トレとは違って、酸素が摂取しやすい。それか自重トレーニングでもイイね。



体づくりには、運動だけじゃなくて睡眠も食事管理も必須。筋トレするなら睡眠時間は妥協しないこと!

まとめ

というわけで、筋トレ中にあくびが多い人は酸欠です。あくびが出たら、一旦休む習慣をつけて効率よく体づくりをしよう。もちろん、睡眠不足もNG。

自分の体からのサインを見逃さず、楽しく体を変えようぜ٩( ‘ω’ )و