アイテム

水分量を増やすなら『ウォーターサーバー』を置けば楽チン!【水はダイエットの味方です】

ダイエット
初心者

痩せるためには水分補給が大切って知ってるけど、なかなか水を飲めない…。しかも最近じゃテレワークで、外も出ないから、なおさら飲まなくなっちゃた。どうしたらいいのか(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)


どうも、しもちゃん (@shimo_fit) です!
今回もこういった悩みを解決していきます。

結論は「ウォーターサーバーを家に導入しよう」です。今の時代、水は買う物じゃなくて家で作る時代。総合的に考えたら「置くメリットが多いな」と感じたので、記事にまとめていきます。

水分量を増やすなら『ウォーターサーバー』を置けば楽チン!

ダイエットしてる人は、間違いなくウォーターサーバーを家に置いとけば水分量が増えるだろう。そして、痩せやすくなるだろう。が、それと同時にデメリットも当然ある…。

記事の前半では、ウォーターサーバーを置くメリットとデメリットを解説していきます!

ウォーターサーバーを置くメリット

  1. 月々で飲み放題
  2. 水を買いに行く必要がない
  3. 暖かい飲み物も一瞬で飲める


主に上記の3つですね。それぞれ順に解説していきます。

メリット① : 月々で飲み放題

これはウォーターサーバーのタイプによるけど、最近では水道水と繋ぐタイプが多い。だからボトルは不要だし4,000~5,000円あれば、水は飲み放題ってわけだ。

僕の職場はウォーターサーバーを常備してるから、24時間好きな時に好きなだけ水が飲める。だから、毎日3Lくらいは仕事中に飲んでるぞ。



で、仕事後はマイボトルに水を入れて帰宅(笑)
水代が浮いてありがたやー( ^ω^ )

◾️ナルゲンのウォーターボトルが使い勝手いいぞ!

というのも、1Lも水が入るし、飲み口が大きいから飲みやすいんだ。ちなみにこんなやつ↓


毎日「どのくらい水分取ってるんだろう…」ってわかってない人は、ぜひ手に取ってみてほしい。きっと水分量が700mlは増えるだろう(笑)

メリット② : 水を買いに行く必要がない

水って重たいからね。買うの面倒いよね。でもウォーターサーバー置いてれば、この面倒くささからは逃れるよ。しかもベットボトルのゴミも出ないし✌︎(‘ω’✌︎ )

メリット③ : 暖かい飲み物も一瞬で飲める

コーヒーやルイボスティーなど、ダイエット中に活躍する暖かい飲み物もいつでも作れる。マジで毎回お湯沸かすの面倒いからね。

ボタン一つでお湯が出るのは、生活が楽になる!

ウォーターサーバーを置くデメリット

  1. 場所を取って邪魔
  2. 家にいない人は元が取りづらい
  3. 固定費がかかる

大体、上記の3つが思い付きますね。実際に僕の家には置いてません。理由は上記の3つのとおりです。

デメリット① : 場所を取って邪魔

わりと大きいからね。家は狭くなります。ちなみに僕の家は置くスペースがない。というより、置いたら邪魔だから置いてません。

しもちゃん

でも、家が広かったら導入するだろうな。だって僕1日3~3.5Lは平気で水飲むし、あった方がコスパ良いもん!

デメリット② : 家にいない人は元が取りづらい

とは言いつつ、僕はほとんど家にいないからサーバーを置いてても元は取れないだろう。仮にテレワークで毎日家にこもってる生活なら、元は取れそう!

実際に僕は毎週Amazonで2Lの水を箱買い。それで正直、困ってない。ちなみに僕は「いろはす派」です( ^ω^ )

デメリット③ : 固定費がかかる

飲まない月があっても月額での支払いがあるから、固定費が気になる人は厄介かもです。だから「必要量だけを飲みたい!」って人は、ペットボトルを購入する式で十分だろう(・∀・)

ボトル交換なしのウォーターサーバー5社をピックアップ

  1. アクアスタイル
  2. Locca
  3. Kirala Water
  4. アクアバンク
  5. ハミングウォーター


上記の5社です。全て水道直結でボトル交換しない物だけを集めました。ゴミも出ないし、便利だと感じた5社です。

良ければ参考にしてみてください♪

その① : アクアスタイル

  • 月額3,280円(税抜)で飲み放題
  • 工事・出張費0円
  • 温水対応

その② : Locca

  • 月額3,146円で飲み放題
  • 温水も対応
  • ろ過能力が凄いらしい

その③ : Kirala Water

  • 月額3,980円(税別)〜で飲み放題
  • 3タイプのサーバーが選べる
  • 冷水・温水対応

その④ : アクアバンク

  • 月定額3,980円(税別)で飲み放題
  • 業者メンテナンス無料
  • カートリッジ交換無料
  • 本体は2タイプから選べる
  • 冷水・温水対応

その⑤ : ハミングウォーター

  • 月々2,900円(税抜)で飲み放題
  • 本体に水を入れるだけで飲める
  • 常温・冷水・温水の3種類が使える

色んなメーカーをみて感じたこと

正直どこも似たり寄ったりだから、自分が「これだ!」って思うところが良いのかなって感じました。

  • 温水も対応してる
  • 綺麗な水が飲める
  • コストは3,000~4,000円
  • 水道直結でボトル交換不要
  • メンテナンス無料



ってな感じで、どこも上記のようですし。

ちなみにサイトを見てて「僕ならこれが良い!」って感じたのは、Kirala Waterのショートタイプですね。なんせコンパクトだし、使い勝手が良さそう。

しもちゃん

今の時代、いかに物をコンパクトにできるかだよね!

まとめ

というわけで、水を飲みましょう。痩せるためにも水を飲むことは必須です。水分量が少ないから脂肪は溜まるし、腸内環境が汚くなります(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

関連記事 :【汚い】水を飲めない人は、お風呂に入ってないのと同じです【水分量を増やそう】

とにかく水を飲め!



ぜひ、今回の記事を参考に水を飲む生活を!