運動

筋トレ前に『ウォーミングアップ』する効果は3つあるぞ!【筋温を上げて気分も上げるべし】

ダイエット
初心者

筋トレ前ってウォーミングアップしないと危ないのかね。実際ウォーミングアップするの面倒いし、直ぐに筋トレしたい。


こんにちは、しもちゃん (@shimo_fit) です!
今回もこういった疑問に答えていきます。

結論は「ウォーミングアップしよう」です。トレーナー歴5年の僕が、具体的にウォーミングアップの目的や効果を解説していきます。

筋トレ前に『ウォーミングアップ』する効果は3つあるぞ!

  1. 筋温が上がる
  2. 心拍数が上がる
  3. 筋トレへのモチベーションが上がる


結論は上記の3つです。それぞれ順に解説していくので参考にしてもらえると嬉しいです♪

効果① : 筋温が上がる

体温が上がって筋温が上がることで、関節の動きが良くなったり、怪我防止にも繋がるのです。関節の動きが良くなれば、筋肉への刺激も入りやすくなる。結果として、筋肉の成長にも効果的なんだ!

また、細かく言えば「体温が39℃まで上がるくらい体温を上げる」と良いですね。

しもちゃん

体温が39℃になる目安は「軽く汗が出てる」です。つまり、じわじわ汗をかけるくらい体を動かせればOK!

効果② : 心拍数が上がって乳酸が溜まりづらくなる

心臓がバクバクするくらいのウォーミングアップをすることで、乳酸(疲労)を軽減できる。乳酸が抑制できることで、筋トレ時に疲労が感じづらくなり運動強度も上げれるんだ!

また、効果①と同様で心拍数が上がれば自然と汗をかきます。汗をかけば体温も上がるし怪我防止になりつつ、筋肉成長の手助けをしてくれます✌︎(‘ω’✌︎ )

効果③ : 筋トレへのモチベーションが上がる

いきなりジム行ってスクワット100kg持つのってモチベ上がんないよね。僕は絶対上がらない。だからウォーミングアップは、筋トレ時に体がしっかり動けるように「徐々にモチベを上げるため」にも大切。

少しづつ体を動かしていくと気分も徐々に上がるし、やる気が出るんだ!
関連記事 : やる気が出てないなら、クラブミュージックを5分くらい聞こう【やる気は自力で起こす

ウォーミングアップの方法

イメージは、小学生の頃に体育の授業で最初に行っていた屈伸や伸脚、アキレス腱伸ばしのような運動です。いきなり走れば筋肉はびっくりするから、5分くらいかけて体を温めるべし。そして、場所があれば10分ほど軽いジョギングをしてみる。間違いなく汗がジワジワと出るだろう。

実際に僕も筋トレ前は必ず取り入れる。僕の場合はモチベを上げるためですね。ジムついても、いきなり「よっしゃ、気合入れていくぞ!」とはならないから(笑)



しっかり体を動かしておくことで、間違いなく筋トレ効果は上がるぞ。というのも、筋肉がガチガチの状態だとベンチプレスが50kgしか上がらないかもしれない。でも、筋温が高い状態だと55kg上がるかもしれないんだ。高重量の方が筋肉の成長も早いからね٩( ‘ω’ )و

関連記事 : 筋肉を成長させる5つのポイント【理想の筋トレ方法も4つ解説】

まとめ

では、今回は以上です。最後に今回の内容を箇条書きでまとめますね。

  • 筋トレ前に筋温を上げれば怪我防止に
  • 心拍数を上げれば筋トレ効果UP
  • 筋トレへのモチベがジワジワ湧き出る
  • ウォーミングアップは5分程度でOK



今日からウォーミングアップを取り入れて、理想の体を手に入れようぜ!