ダイエット

ブロッコリーに含まれる、『スルフォラファン』の健康効果が凄い…。

ブロッコリーって聞けば、「なんとなく体に良さそう」ってイメージがありますよね。実際に僕が担当するお客様にも、ブロッコリーを食べてもらうので体に良いのは事実。

でも「なぜブロッコリーが体に良いのか?」までを知れてる人は、少ない…。そこで今回、「ブロッコリーのココが凄い!」って内容を解説していきたい!

しもちゃん

アンチエイジング効果を高めたい人や、お酒好きな人は、マジで知っておきたい情報です。ぜひ最後までご覧ください!

スルフォラファンの3つの健康効果

もうタイトルにもなってる、スルフォラファンという栄養成分。この成分こそが、今回の内容の鍵!

ではでは。
そんなスルフォラファンの、主な健康効果を3つ上げていきますね☺︎

スルフォラファンは、アブラナ科の野菜特有の成分。なので、ブロッコリー以外にもワサビ、キャベツ、ケールなどにも含まれてます。

効果① : アンチエイジングを高めてくれる

スルフォラファンが体内の抗酸化力を活性化させてくれるんです。しかも、ブロッコリーには、ビタミンCやビタミンAといった抗酸化作用のある栄養素も豊富に含みます。

なので、ダイエット中の人や美容に興味ある人は、積極的に摂取し続けたい食材なんだ٩( ‘ω’ )و

効果② : 解毒する力を高めてくれる

お酒好きの人、朗報です。
スルフォラファンは解毒作用が強いので、肝臓の働きを良くしてくれます。

で、結果としてアルコール分解もしやすくなるから、二日酔いになりづらくなるし、肝脂肪になるリスクも減ります♡



てなわけで、飲兵衛な人は、普段の食事からお酒対策をしていきましょうね〜☺︎
関連記事 : お酒を飲む時に食べたい3つのメニュー【お酒を飲みながら痩せる】

効果③ : ピロリ菌を殺菌してくれる

胃に現れるウイルスを殺菌してくれるので、胃がんのリスクも減りますね。

今じゃ2人に1人が癌になる時代。防げる対策があるなら、事前に摂取しておこうぜ〜!

生のブロッコリーには『スルフォラファン』がいない

というのも、スルフォラファンという成分は生のブロッコリーには含まれていません。でも、酵素の力を使えばブロッコリーに含まれる『グルコシレート』という成分がスルフォラファンに変換するのです!

この酵素を出す方法が「ブロッコリーの細胞を壊せ!」です。



壊し方はマジで簡単。ブロッコリーを細かく切れば良いんです。
なので、せっかく食べるならスルフォラファンを多く出してから食べたいですね♪

細胞を壊したら、5分待て!

細胞を壊して、時間を置くことでスルフォラファンは増えていきます。

切ってから直ぐに調理せず、一旦待ちましょう。時間は5分を目安に。そうすれば、スルフォラファンが増えます♪

しもちゃん

元々ブロッコリーに含まれる、グルコシレートは加熱に弱いから、事前にスルフォラファンを作っておくことが大切だよ☺︎

まとめ

というわけで、せっかくブロッコリーを食べるならスルフォラファンを増やしてスーパーフードにして食べてみましょう。

食べる物もひと工夫するだけで、栄養成分がガラッと変わります。

実際に僕もブロッコリーを食べる時は、この方法で食べてます。気持ち的な問題かもだけど、体の調子も良いですね。



ちなみにスルフォラファンはサプリメントとして売られるほど、人気の成分ですよ〜。なので、ぜひ今回の記事を参考にブロッコリーを食べる生活を!