考え方

【悲報】ジムで運動しても、健康とは関係ないかもしれない話【体作りと健康は別だ】

タイトル通りです。実はジムに通って体を動かすのと、健康は直接の関係がないかもしれない…ってことを知ってましたか?

この話をすれば「え、じゃあジム行く意味ないじゃん」って思われるだろう。ただ勘違いしてほしくないのが、ジムに行くのと健康が直接関係がないってことだけです。

なので今回は「ジムに通っても健康になれない理由」について解説していきます。最後まで読むことで、健康に対する考え方が変わって、あなたの健康意識も変わりますよ☺︎

健康の定義

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。

引用サイト : 公益社団法人日本WHO協会

ジムに通っても健康とは関係がなかった

というのも、実際に毎日ジムに通ってる人でも、病気になりやすい人は病気になるし、太ってる人は太ってますよね。ただ、僕の体はマジで健康体だと思ってます(笑)

これはなぜか?
それを、この先で話ていきます。

しもちゃん

僕は週4回のジム通いはしてるけど、毎日体を動かしてるわけじゃない。けど、風邪を含めた体調不良になる確率はマジで低いんだ。これは本当に自慢できること!

現代人は『動かなすぎ』が問題…。

というのも、現代人って1日デスクワーク作業を8時間、ご飯を食べてる時間で1~2時間、睡眠で8時間。その他、スマホを触ってる時間やTVを見てる時間を含めたら、何時間座りっぱなしでしょうか…。

こうやって文字にして起こしていくと、恐ろしいほど動いてないんですね。

で、僕が何を言いたいのかっていうと、いくらジムに通ってても「体を動かさない時間が多すぎるのが問題」ってことです。



なので、『ジムに通う』ってことと『健康』って言葉を別々で考えましょう。

実際に、座りっぱなしの時間が1日10時間以上の人と、1日4時間座りっぱなしの人では、座ってる時間が長い人ほど、病気になるリスクが桁違いに高いってデータもあります。

じゃあ、どうしたら健康になれるのか。

まとめて運動時間を確保するんじゃなくて、1時間に1回3分でも5分でも体を定期的に動かすんです。

できるだけ、高回数+高頻度で!

で、健康を目指す上でポイントになるのが『体の循環を良くする』と『代謝をあげる』の2つ。繰り返しですが、まとめて運動時間を確保するんじゃなくて、1日の中で定期的に動かすんです。

これをすることで、血液循環の循環も良くなるし、代謝も上がりやすくなる。で、結果として病気に負けない免疫力の高い体が作れるんだ!

なので、仮に週3回ジムに行って30分程度の運動習慣があっても、1日を通してこまめに体を動かせてないなら健康体は難しいんだ…。



このことから、ジムに通うのと健康は直接的な関係ないかもしれないという結論に。コロナを含めて病気にかからずに生活させたいなら、定期的に体を動かしましょうね〜☺︎

僕が体調を崩しづらい理由

実際に僕が体調を崩しづらい理由が運動頻度が多いってのもあるけど、トレーナーという仕事柄、お客さんと動くんですよね。だから、デスクワークの人が8時間座りっぱなしなら、僕は座りっぱなしの時間がほとんどないのです。

座りっぱなしな状況を変えるべし

と、いえば「スタンディング作業にしよう!」と考えがちだ。けど、これも少ーし違うんですね…。

というのも、立って作業してる最中もほとんど同じ姿勢。つまり、体の循環は良くないんですねー。



なので、1時間に1回立って50回スクワットをするとか、肩回しを50回やるとか、何かしら体を動かす必要があります。

僕が伝えたいこと : ジムに行くことが全てではない

というわけで、今回は以上です。
正直今の時代、デスクワークが主流で座りっぱなしになるのは仕方がない。だからこそ、打てる対策は打つんべきなんです!

今回はジムに行くのと健康は直接的には関係がないかもしれない、という内容だったけど、ジムに通えばもちろん体力はつくし、筋肉もつく。当然ながら体力もつきます。

ただ、「病気に負けない体を作る!」って思ったら、ジムに行くことが全てではないんだ。



ぜひ今回の記事があなたにとって、何か変わるきっかけになってもらえたら嬉しいです☺︎

それじゃ、またねー!