ダイエット

腸活におすすめな食べ物9選!ありきたりな食べ物は紹介してません。

ダイエット
初心者

腸活したいんだけど、何かおすすめの食べ物はありますか?納豆とか芋などの、ありきたりすぎない食べ物を知りたいです!


どうも、しもちゃん (@shimo_fit) です!
上記の質問に答えていきます。


腸活する理由って、便秘解消、痩せたい、肌をキレイにしたいとか。色々あると思います。

そして、いざ腸活する時に「オススメの食べ物ってなんだろう…」って疑問に思って調べると、「納豆を食べましょう。芋を食べましょう」とありきたりな情報ばかり…。

もちろん、発酵食品や根菜類を食べることで腸活効果があるのは事実。でも、「そんなの知ってるよ〜」って情報ばかりなのも事実でしょう。



そこで今回は、意外と知られてない「腸活におすすめな食べ物」を9つ紹介。記事の後半では「なぜ腸活をするべきなのか?」もセットで解説していきます!

しもちゃん

本記事を参考にすることで腸活ができ、痩せる、便秘解消、免疫力UPなどの効果を実感することができますよ☺︎

腸活におすすめな食べ物9選

では結論。
腸活におすすめな食べ物は、下記の9つです。

  1. もち麦
  2. カレー
  3. イワシ
  4. レバー
  5. アーモンド
  6. モロヘイヤ
  7. 玉ねぎ
  8. リンゴ
  9. リンゴ酢


それぞれ順に「なぜ、おすすめなのか?」まで、セットで紹介していきますね!

おすすめの食べ物① : もち麦

もち麦には、大麦β-グルカンという水溶性食物繊維が豊富に含まれています。この大麦β-グルカンは、腸の炎症を抑えてくれつつ、腸内細菌の状態をよくしてくれる働きがあるのです。

この、腸で起こる炎症を抑えてくれることで、アレルギー体質になりづらくしてくれたり、免疫力が下がりすぎないことにも繋がります。

実際に僕自身も玄米を食べたり、白米を食べたり、もち麦を食べたり、色んなお米を食べてながら食生活を楽しんでます。



仮に普段の食生活が、白米やパン、麺類中心になっているのであれば、一度もち麦を主食に生活してみてることがオススメです☺︎

おすすめの食べ物② : カレー

「ん、カレーが?」と思われるかもしれませんが、カレー粉に含まれる香辛料には、腸の炎症を抑える「クルクミン」が含まれています。

ただ日本のカレーの原材料を見ていると小麦牛脂砂糖を含んでいる物が多い物がため、あまりおすすめしてません…。


が、インドカレーのように香辛料を多く使用してるカレーは腸活に向いてるのです!

しもちゃん

クルクミンはポリフェノールの一種で、細かく言えばウコン(英称:ターメリック)の中に含まれている成分だよ!

おすすめの食べ物③ : イワシ

イワシに限らず青魚には、オメガ3という良質な油が含まれています。このオメガ3の働きが、腸の炎症を抑えてくれて、腸活に効果的なのです!

今の時代「タンパク質を摂ろう!」と思えば、肉を中心的に食べる人が多いですが、肉に含まれるオメガ6は逆に腸の炎症を増やしやすかったりします。


なので、腸活目的以外に筋肉も育てたいなら、イワシなどの青魚を選ぶことは一石二鳥!

おすすめの食べ物④ : レバー

レバーにはビタミンAが豊富に含まれています。

実はこのビタミンAこそが、腸内に余計な異物が侵入してこないように、対策を練ってくれているのです。

というのも、腸の周りには上皮細胞という「腸内に異物が侵入してこないようにガードしているシールド」があります。そしてビタミンAは、この上皮細胞を増殖させるのをサポートするのです。



ビタミンAを摂取することで、上皮細胞を増やし、腸内に余計な異物を入れず、腸内を整えてくれるってわけです☺︎

しもちゃん

上皮細胞を簡単に言えば、腸内の病原菌と最前列で戦ってくれているスーパーヒーロー!

おすすめの食べ物⑤ : アーモンド

アーモンドには亜鉛が豊富に含みます。この亜鉛という栄養素は、日本人が不足しやすいミネラル…。

そして亜鉛は、レバーで解説した内容と同じで腸内に異物が侵入してこないようにガードしている細胞を増やす働きがあります。

僕も家にアーモンドを常備して、小腹が空いたら食べて、お腹の満たしを作りつつ腸活してます。


しかも、アーモンドは手軽に買えるし、手も汚れずに食べれるので、カバンに常備してて損なしです☺︎

おすすめの食べ物⑥ : モロヘイヤ

栄養が凄すぎて、王様が独り占めする野菜としても有名ですね。

モロヘイヤには体の老化防止に効果的な、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEといった抗酸化作用のある栄養を豊富に含まれます。

そして、腸活に必須になる食物繊維も豊富。しかも、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つがバランスよく含まれているのです。



食物繊維は腸活する上でも必須の栄養素になるので、積極的に食べたいですね!

おすすめの食べ物⑦ : 玉ねぎ

玉ねぎに含まれるケルセチンというポリフェノールが、腸の炎症を抑えてくれます。

ケルセチンは油と一緒に食べることで、ケルセチンの吸収が良くなるので、玉ねぎサラダにしてオリーブオイルをかける、炒め物にするなど賢く食べることがオススメです☺︎

しもちゃん

ちなみに僕はオニオンスープにして、よく食べてますね!

おすすめの食べ物⑧ : リンゴ

玉ねぎ同様、リンゴにはケルセチンを含みます。

朝ご飯にリンゴを皮ごとかぶりついて食べる、小腹が空いた感触のタイミングでリンゴをかぶりつくなど、リンゴは手軽に口にしやすいのでオススメ!

おすすめの食べ物⑨ : リンゴ酢

リンゴ酢は、脂肪燃焼を促進するお酢としても有名。ただ、リンゴ酢の凄いところはコレだけではないのです。

リンゴ酢に含まれるポリフェノールが、腸で起きる炎症を抑える。そして、抗菌作用もあるので大腸菌などの体に悪い菌を殺菌してくれるのです。

普段ジュースを飲んでるならリンゴ酢に置き換えてみるなど、ぜひ生活に取り入れてみてください!


なぜ、腸活をする?

記事の前半では、腸活におすすめの食べ物を紹介しましたが、次に「なぜ腸活をするべきなのか?」を理解していきましょう。

腸内環境を整えるメリットは数多くありますが、今回は僕が特に感じる理由を3つ上げてみます☺︎

腸活がおすすめな理由
  1. 食べた物は腸で消化吸収される
  2. 腸と脳は繋がってる
  3. 便秘になりづらくなる

理由① : 食べた物は腸で消化吸収される

腸内環境が悪ければ、食べた物がうまく消化吸収されず、栄養が体に回りません。


というのも僕たちが普段、口にしている食べ物は、口で咀嚼し細かく分解します。そして、胃腸へ流し込まれ、胃腸でさらに細かく分解。

「全然食べてないのに痩せないんだよね…」って人いますよね。こういった人たちは腸内環境が悪いことで、食べた物がうまく消化吸収できてなくて、痩せづらくなってることも1つの理由。



食べ物の栄養をしっかり体に取り入れるためには、腸内環境がどれだけ整っているかが大切なのです٩( ‘ω’ )و

理由② : 腸と脳は繋がってる

僕たちの体は腸脳相関といって、腸と脳に密接な関係を持ちます。

わかりやすい話で言うと、緊張した時にお腹って痛くなりますよね。他には、満員電車だと腹痛に襲われるなど…。

これはストレスを受けて、脳が自律神経を通じて、腸にもストレスを与えているのです。


つまり腸の調子が良いと、脳へのストレスも減るのです。
何もないのにイライラしちゃうって人は、実は腸内環境が悪いのかもしれません…。

理由③ : 便秘になりづらくなる

便は腸で作られますからね。
腸内環境が悪ければ、当然ながら便秘になりやすい…。


わりと便秘になっていることを気にしない人も多いように感じますが、排便がないことで起きることは、下記のようにデメリットでしかないのです。

  • 体重が落ちづらい
  • ストレスが溜まりやすい
  • 肌荒れしやすい
  • 常にお腹にモヤモヤ感が出る
  • 免疫力が下がる


もし、排便が定期的にないのであれば、本記事でおすすめした食べ物を積極的に食べて、排便できる体を作っていきましょう☺︎

まとめ : 腸活におすすめな食べ物9選!

✔︎ 腸活におすすめな食べ物
  1. もち麦
  2. カレー
  3. イワシ
  4. レバー
  5. アーモンド
  6. モロヘイヤ
  7. 玉ねぎ
  8. リンゴ
  9. リンゴ酢


腸活におすすめな食べ物は、他にも多くあります。

どれか1つだけを食べ続けるのではなく、色んな食材を食べていくことで、腸活に必要な栄養だけではなく、他の栄養まで摂取できる。

ぜひ本記事を参考に、素敵な腸活ライフをお楽しみください☺︎