ダイエット

食事中は「飲み物」を飲まないコト【体に負担かけます】

ダイエット
初心者

え?飲まないと喉に食べ物が詰まるし、喉乾くじゃん…。水もダメなの?


確かに乾きます。そして喉に食べ物が詰まる感覚もわかります。それでも一旦、食卓から飲み物を外してみてほしい。もちろん水もです。

食事中は「飲み物」を飲まない


というのも食事中に飲み物を飲めば、食べ物を流し込む作業になる。「カレーは飲み物」って言葉があるように、食べ物は飲み込めるくらい細かく噛むことが大切なんです。

基本的に食べ物を細かく噛まない人は、早食いで太る体型になりやすい。そして、食べ物がうまく吸収されず、食後に便として直ぐ排出される。食べた意味が…。

飲み物を食卓から外す対策


まずは口に食べ物を入れたら30〜40回は噛もう。そうすれば、飲み物がなくても食事を楽しめる。で、噛めば噛むほど脳内の満腹中枢にも刺激が入って、暴飲暴食を防げるぞ!

関連記事 :【基本】よく嚙むと瘦せる3つの理由【ダイエット向け】

さらに味付けの濃い食べ物も避けてみると良いです。例えば、ラーメンや丼物。濃い物を食べれば、基本的に「飲み物がないと無理…」って感覚になるからね。



そう考えたらやぱり日本食なんだな〜。