ダイエット

【初心者向け】ダイエットするなら、筋トレしないと損【メリットばかり】

ダイエット
初心者
  • ダイエットしてるんだけど、筋トレも頑張った方がいいかな?
  • 筋トレをした方が、痩せやすいって本当?


どうも、しもちゃん (@shimo_fit) です!
今回もこんな悩みを解決していきます。

✔︎ 本記事の内容
  • 食事管理と筋トレの強みは違う
  • ダイエット中に筋トレするメリット
  • ダイエット中に筋トレするデメリット
  • 筋トレを効率的に取り組む方法
しもちゃん

この記事を書いている僕は、過去に500名以上のダイエット指導を担当。現在では毎月100セッション以上のお客様をサポートしています。



結論、ダイエットするなら筋トレをしないと大損です。それほど、筋トレが持っている効果ってダイエットとの相性が良いんですよね。

実際、僕も筋トレは週3回以上継続。なので、体は乱れてませんし、僕がトレーニング指導しているお客様の体は、どんどん綺麗になっています。



そこで今回は「ダイエット中に筋トレをするメリット」と「ダイエット中に筋トレをするデメリット」を解説していきます。


本記事を参考にすることで、理想のボディが手に入りやすくなり、ダイエット効果UPが期待できますよ☺︎

食事管理と筋トレの強みは違う

食事管理と筋トレは、体の変わり方が大きく違います。違いは下記のとおり。

  • 食事管理
    体重が減り体のサイズが変わる
  • 筋トレ
    体のラインと気持ちが変わる



食事は食べた分だけ体重が増え、余計な摂取カロリーを減らす分だけ体重が減る(もしくは維持)。体重を左右させるため、体のサイズも体重に合わせて変化していきます。

一方で、筋トレは『お尻の位置を上げる』とか『背中のラインを綺麗に見せる』のように、体のラインを変えていくこと。



なので、体重を落としながら体のラインを変えていきたい場合は、両方をうまく組み合わせることが必要です。

何をするにしても『両立する』ってことは大変かも知れない。が、筋トレで得れる効果には、限界がほぼありません。


つまり、食事管理と筋トレはお互いの足りない部分を協力して助け合える、言わば『相乗効果』が良いわけなんですよ!

ダイエット成功者は筋トレも頑張っている

「半年で-10kg達成!」する人や「着れなくなった服が入るようになった!」など、ダイエットに成功している方は、食事管理と合わせて筋トレをしています。

実際、僕も筋トレをしているお陰で、仕事中も疲れづらいし、お腹もポッコリしていない。メンタル的にみても壊れることは少ない(もちろん、たまに爆発することもあるよw)。

しもちゃん

ではでは、ダイエット中に筋トレを並行する、具体的なメリットを覗いていきましょう♪

ダイエット中に筋トレをするメリット

僕が感じるダイエット中に筋トレをするメリットは、下記の5つです。

  1. 体のラインが変わる
  2. 消費カロリーが増えて痩せやすく
  3. 体力がついて仕事も疲れづらい
  4. 病気に負けづらい体が手に入る
  5. 体が変わって自分に自信がつく


それぞれ順番に解説していきますね!

① 体のラインが変わる

筋肉が成長するので、体のラインが変わります。

つまり、ヒップアップとかバストアップとか、猫背改善とかできるんですよね。食事管理のみのダイエットでは、体のラインを変えるってよりも、サイズ感を変えるだけ。逆に筋トレだけだと、ラインは変わるけど、見た目のサイズは変わらないケースがほとんど。


ガッツリ体のラインを変えるには、筋トレのように「筋肉に負荷をかける」必要があります。ただ、筋トレを1回しただけじゃ効果は出ないので、継続性がないといけない。

しもちゃん

やはり「食事管理×筋トレ」をすることで、効率的に肉体改造ができるんです!

② 消費カロリーが増えて痩せやすく

当然ながら、体を動かせば消費カロリーが増えます。

なので、体を動かす頻度が多い方が痩せやすいんですよね。極端な例ですが、30分のランニングで消費できるカロリーが250~300kcalだとして、毎日ランニングすれば、30日で7,500~9,000kcal消費できます。

しもちゃん

ちなみに脂肪1kgを減らすために必要なカロリーは7,200kcalだよ!



有酸素運動を含めて、体を動かす頻度が多い人ほど体が変わりやすいのは明白。「早く体を変えたいなら、あなたはどうしますか?」という話です♪

③ 体力がついて仕事も疲れづらい

筋肉量が増え体力UPするため、デスクワークの仕事も疲れづらくなります。

筋トレをしてると、集中力も高まりやすくなるので、いつも以上に作業効率も良くなります。つまり、体が変わるだけじゃなくて、生活の質も大幅に改善。

仕事中に疲れづらくなると、「疲れたから甘いものチャージしなきゃ…」とか「疲れがやばいから、今日は飲むぞー!」って感情が薄れますよ。結果として、体も変わっていきますからね☺︎

④ 病気に負けづらい体が手に入る

これは誰もが知っていることですね。体に関する色々な本を読んでも、「病気にならないためにも筋トレ」と書いてある。

今の時代、2人に1人が癌になっているというデータがあります。わりと健康に対して、他人事に捉える人も多いけど、5年後や10年後何があるかわかりませんよ…。

⑤ 体が変わって自分に自信がつく

筋トレをすれば、見た目も変わって自信がつく。ドーパミンやアドレナリンといった、快楽ホルモンと呼ばれるホルモンが分泌されることで、自信が湧きでるんですね。

しかも、筋トレ後って達成感が多い。僕は筋トレした後、謎に「やばい、今日の俺イケてる」って鏡を見ながら毎回思ってます(笑)

自重スクワットやバーピージャンプなどの種目なら、家で出来るし、コストも0円。やるのは面倒いかもだけど、5分でも10分でもやれば、謎に自信が湧き出てきますよ。

ダイエット中に筋トレをするデメリット

逆に僕が感じる、ダイエット中に筋トレをするデメリットは下記の3つです。

  1. ジム代が発生する
  2. ジムに行くことが負担になる
  3. 自分の時間が減る


デメリットについても、順番に解説していきますね。

① ジム代が発生する

大型のスポーツジムなら月額10,000円前後、パーソナルジムなら1回8,000円前後が発生します。

「ジムに通わないとダメなの?」と思うかもですが、家でも本人の頑張れる環境が家なのであれば、全然問題なしです。ただし、オススメはジム通い。

というのも、自宅でのトレーニングだと、テレビや雑誌、スマホなどの誘惑が多いので、集中力が持ちづらいからですね。



また、家だとダンベルなどの器具が揃ってないため、筋肉に負荷をかけづらい。つまり、総合的にみて理想の体が作りづらいです。

≫ トレーニング効果を引き出す『3つの原理』と『5つの原則』を知らなきゃ損!

しもちゃん

理想の体作りのための筋トレは、ジムに通うことが大前提になります☺︎

② ジムに行くことが負担になる

でも、仮にジムに入会すれば「荷物が増えるのが面倒いな…」とか「仕事終わって疲れてるのに、ジムに行くのは面倒いな…」って思う時が増えます。

ただ、楽して体が変わるほど体は優しくありません。体を変えたいと思うなら、運動頻度を増やすしかないです。

正直、こんな記事を書いてて、トレーナーという職業をしている僕も、「ジムに行くのが面倒いな」と思うことは多い。でも、体作りを頑張りたいから、コツコツ頑張ってるんだ!

③ 自分の時間が減る

いくら筋トレをするメリットを知れても、筋トレをする時間を確保するってことは、自分の時間は減る。

あまりにも時間がないのに「今日も筋トレしないと…」と思えば、趣味を楽しむ時間やゆっくりする時間も取りにくくなります。

ただ、筋トレをすることで思考や仕事の効率が変わり、逆に余裕を持てるようになることもあるんですよね。なので、時間に「追われすぎてシンドイ…」って思う人は、一旦動いてみるのもいいかもです。

筋トレを効率的に取り組む方法

ここまで読んでいくと「筋トレはしたいけど、時間的に無理ゲーかも…」って人もいるはず。なので、最後に筋トレを効果的に取り組む方法を解説しますね!

で、結論は下記のように無理のない範囲で頑張ればOK。

  1. 時間が作れる曜日を見つける
  2. 筋トレメニューはネットからパクる
  3. 好きな筋トレだけやってみる


ではでは、順番に解説していきますね。

① 時間が作れる曜日を見つける

まずは曜日固定で、筋トレを継続です。

わりと休みの日は永遠とグータラしてるって人も多いですからね。「休みは日曜日だから、日曜日だけでも体を動かしていこう」とか、自分の予定に合わせて事前に決めましょう。

② 筋トレメニューはネットからパクる

ジムに行く日を決めたら、ネットから筋トレメニューをパクりましょう。

ジムに行く日は決まってるから、後は何をするか決めるだけ。仮にメニューがわかんなくても、ジム内にはスタッフがいます。器具の使い方は教えてくれるし、施設内には運動しにきてる人しかいない。

その場にいるだけでも、モチベも湧き出てきますよ〜٩( ‘ω’ )و

③ 好きな筋トレだけやってみる

実際にメニューを事前に決めても、「いや…今日はこの気分じゃない…」って思うことが出てくるはずだ。

そんな時は、その時に興味がある種目をやってみるべし。「このマシンはどんな負荷がかかるんだろう?」とか、「このマシン、やけに人気だな〜」とか、「やってみたい!」と思った種目を。

このように、筋トレに対して抵抗がある人は、曜日を決めてとりあえず行くってリズムを作る。これだけでも、興味1だったのが興味5に変わりますからね!

筋トレしないと損 : まとめ

筋トレのメリット
  1. 体のラインが変わる
  2. 消費カロリーが増えて痩せやすく
  3. 体力がついて仕事も疲れづらい
  4. 病気に負けづらい体が手に入る
  5. 体が変わって自分に自信がつく
筋トレのデメリット
  1. ジム代が発生する
  2. ジムに行くことが負担になる
  3. 自分の時間が減る


繰り返しですが、食事管理と筋トレは、お互いの足りない部分を助け合えるから相乗効果が良い。

ダイエット成功者ほど筋トレをしてますし、極度な仕事疲れもしづらく、生活もアクティブです。

本記事を参考にし、食事管理だけではなく筋トレも両立していくことで、理想の体作りが達成しやすくなる。ぜひ、あなたも筋トレにチャレンジしてみてくださいね٩( ‘ω’ )و