ダイエット

温活効果をUPさせる飲み物5選【体温を1℃上げてダイエット効果もUP】

毎年この時期になると寒くて凍えるよね。寒すぎて風邪引きそうだし、今じゃコロナも怖い…。そこで今回は温活をテーマに記事を書いてみます。

温活とは、日頃から体を温める習慣を身につけて、本来持っている免疫力を高めること。

温活効果をUPさせる飲み物5選

  1. 白湯
  2. 生姜湯
  3. ルイボスティー
  4. 紅茶
  5. ココア


上記の飲み物の特徴を順に解説していきます。

飲み物① : 白湯


朝イチに白湯を飲むことで、内臓から体温が高まり、気持ちの良い1日を迎えれます。他の物と比べても純粋な飲み物だから、体にも優しくコストもかからない。

飲む量は200〜300mlでOK。温度も高すぎれば舌や喉が火傷するリスクもある。だから、少しずつ飲めるくらいの温度にして飲もう。



詳しい白湯の効果については、【簡単】朝に『白湯』飲んで、便秘解消しちゃおう!【白湯を飲む3つの効果】でまとめているので合わせてご覧ください。

飲み物② : 生姜湯


生姜は体を温める食材で有名ですね。しかも生姜は熱を加えることで、一部がショウガオールという成分に変わる。この成分こそ、さらに体の中心から体を温めてくれるのです。

関連記事 :【おすすめ】冷え性なら生姜湯を飲んでみよう!【ひとまず30日続けるべし】

しもちゃん

僕は生姜湯の中にハチミツを入れたりしてるよ。どうしても生姜だけだと飲みずらさがあって、甘味を加えてる!

飲み物③ : ルイボスティー


ルイボスティーは、冷え性の人が不足しがちなマグネシウム(ミネラル)が豊富に含まれています。マグネシウムは腸内環境を整えてくれ、免疫力UPの手助けもしてくれる。しかも、ノンカフェインだから体を冷やす心配がない飲み物でもある!

実は普段何気なく飲んでいるコーヒーや緑茶、エナジードリンクは体を冷やしやすくする原因にも。これは含まれるカフェインの仕業です…。


ルイボスティーってコンビニでも買えるから、お茶やジュースを買うなら率先して選んでみても良いかも♪

参照 :【イチ押し】コンビニで買える「ルイボスティー」5つの効果!

飲み物④ : 紅茶


茶葉を発酵させて作られた飲み物には、体温をあげる働きがあります。で、紅茶は茶葉を発酵させた物。寒い時期にカフェにいくなら、温かい紅茶を頼みんでみるの温活の1つです。

ちなみに玄米茶やほうじ茶でもOK♪

飲み物⑤ : ココア


ココアに含まれるテオブロミンには、血管を拡張させる働きがあります。血管が広がることで、血流が良くなり体温が上がっていくのです♪

できれば自分でココアの粉末を買って、自分で作れば体もヨロコンブです。ちなみに僕はブラックココアを豆乳で割って飲む。



テオブロミンは他にも、食欲を抑える効果や心身をリラックスさせる効果もあります。仕事中にストレスを感じたら、ココアを1杯飲んでみるのもオススメ٩( ‘ω’ )و

体温を1℃上げてダイエット効果もUP


というのも体温が高い人の方が血流量も多く、老廃物の排出も増える。免疫力も高い。そうなれば、自然と痩せ体質になっていくのです。

基本的に太りやすい人の大半は、冷え性で便秘。これは体温が低い人の、あるあるな症状になります。

実際に僕がダイエットサポートしてる人の多くは、元々が低体温症。そんなお客様に温活を含めた、体温をあげるメニューを実践してもらえば痩せる人がほとんど。



それくらいダイエットと基礎体温は、大切な関係なんです。さて、基礎体温が低いあなた。今日から何を取り入れてみますか?

関連記事 :【平熱UP】免疫力を高める「体温」の上げ方5選