ダイエット

【脱・コロナ太り】コロナを言い訳に太る自分に卒業!コロナ痩せする5つの方法を徹底解説

悩む人
  • コロナを言い訳に太り続けてる自分に卒業したい!
  • コロナが流行っている今の時期に痩せておきたい!


どうも、しもちゃん (@shimo_fit) です!
こんな目標を持っている読者に向けて記事をまとめていきます。

しもちゃん

このブログを書いてる僕は、過去に大手ダイエットジムの店長を経験し、2021年は1,300本以上のセッションを担当しました。僕のトレーナー経験からまとめた内容なので安心して読み進めてくださいね☺︎


新型コロナウィルスが流行ったことで、家で仕事する人が増えたり、外に出る頻度が減って1日の活動量が少なくなった人は多いと思います。その影響で「食べる量は変わらないのに活動量が減って太ってしまった…」という人も少なくない。

そこで今回は、コロナを言い訳に太る自分に卒業するために「コロナ痩せする5つの方法」を徹底解説してきます。コロナをきっかけに体型が乱れてしまった人は、ぜひ最後までご覧ください!

コロナを言い訳に太る自分に卒業しよう!

今回僕が伝えたいことは、「あなたが太った原因をコロナのせいだけにしないでほしい」ということです。

具体的な話をまとめていきますね☺︎

悲報 : 太った本当の原因はコロナじゃない

厳しい言い方にはなりますが、コロナ関係なく暴飲暴食したのは“あなた“です。そして、家でも運動できるのに体を動かさなかったのも”あなた“です。

実際に僕もコロナの影響で家で仕事する期間がありました。が、体型が乱れることなく緊急事態宣言が解除されるまでキープできました。これは僕が担当していたお客様も同じ結果でした。


つまり、コロナが原因というより”あなた“の自己管理不足なのです…。

朗報 : 太った根本が知れたら勝ち組です

すみません、少し熱が入りすぎて厳しい言い方をしていまいました。

では、ここでコロナ太りしてしまった人に聞きたいことがあります。
それが「あなたが本当に太ってしまった理由はなんですか?」です。

多分ですが、コロナ太りしてしまった人は下記のような理由で太った人が多いと思います。

  • コロナで今後どうなるかわからない不安があって、ストレス発散のため暴飲暴食していた。
  • 仕事を削られて生活費が心配になってストレスで暴飲暴食した。


つまり、理由はどうあれ『食べ過ぎ・飲み過ぎ・動かなすぎ』が原因なんですよね。

なので、暴飲暴食してしまった根本の理由と向き合うことで「次同じ場面になった時は〇〇をして対策しよう」と思える。本当に太った根本の原因が知れたら勝ち組なんです✌︎(‘ω’✌︎ ) イエーイ

コロナ痩せする5つの方法を徹底解説

  1. 自炊する習慣を作る
  2. 移動はとにかく歩く
  3. 湯船に浸かる時間を作る
  4. ストレッチする時間を作る
  5. 日付が変わる前には寝る

僕がおすすめするコロナ痩せ方法は上記の5つ。

コロナがきっかけで体重が増えやすい生活になってしまったかもしれません。が、逆にコロナをきっかけに出来ることもあります!

今から紹介する方法を参考に理想の体型を目指して一緒に頑張っていきましょうね☺︎

コロナ痩せの方法① 自炊する習慣を作る

家にいる時間が長くなったからこそ、自炊する習慣を作りましょう!

自炊をすることで栄養バランスを考えて食事が取れるだけでなく、料理を味わって食べることができる。つまり、食への満足度が増えるのです。

「自炊すれば必ず痩せる」というわけではありませんが、毎日外食しているよりは食への満足感は増えるはずです☺︎

コロナ痩せの方法② 移動はとにかく歩く

一駅分歩く、エレベーターじゃなくて階段を使うなど、移動手段は歩くことを意識していきましょう!

自分の体を動かし続けることで消費カロリーが増え、血行が良くなる。で、脂肪が燃焼しやすくなります。
そして体を動かすことで快楽ホルモンや幸せホルモンを分泌させれるので、気分もリフレッシュできます。

しかも、電車やバスに乗る時間を減らすことは、コロナ感染リスクを下げることにも繋がる。何より節約になりますね(笑)


なので、一駅分歩く、エレベーターじゃなくて階段を使うなど、移動手段は歩くことを意識していきましょう♪

コロナ痩せの方法③ 湯船に浸かる時間を作る

1日の疲れを取るためにも湯船に浸かる時間を作りましょう!

家にいる時間が増えるとストレスが溜まる場面も出てきます。特にリモートワークの人の場合、仕事とプライベートのONとOFFの区別が付けづらいですからね。

常に体がストレスを受けている状態だと太る原因にもなります。

理想は10分以上、鎖骨までしっかり湯船に浸かりましょう。全身の血行が良くなって自律神経のバランスも整い、体も休まります。


なので、1日の疲れを取るためにも湯船に浸かる時間を作りましょう♪
関連記事 :【疑問】自律神経の働きって何ぞや?【種類は2つある】

コロナ痩せの方法④ ストレッチする時間を作る

寝る前に10分でもいいのでストレッチする時間を作りましょう!

というのも、ストレッチをすることで全身の血行が良くなって代謝も上がります。しかも、ストレッチは筋トレと違ってキツさがないから、頑張るハードルも低いですよね。

なので、寝る前に10分でもいいのでストレッチする時間を作りましょう♪

コロナ痩せの方法⑤ 日付が変わる前には寝る

脂肪燃焼のためにも日付が変わる前には寝ましょう☺︎

なぜなら、寝ている時間は『成長ホルモン』という脂肪燃焼を促進してくれるホルモンがたっぷり分泌されます。つまり、夜中まで起きていれば痩せないと言っても過言ではない。

成長ホルモンは筋肉の成長にも欠かせないホルモンのため、「痩せるためにはいかに成長ホルモンを出すか」が鍵とも言えます。


なので、脂肪燃焼のためにも日付が変わる前には寝ましょう☺︎

まとめ : コロナを言い訳に太る自分に卒業!

厳しい言い方にはなりますが、コロナを言い訳に「太るのは仕方がない」と思い続けれる日はそう長くありません。

ダイエットは始めるタイミングも年齢も関係ありません。いつからでも体を変えれるので、コロナを言い訳に太り続けてる自分に卒業したい方は、勇気を出して一歩進んでいきましょう☺︎

専属トレーナーをつけてダイエットしたい方向け

本記事を書いている僕は「ダイエット初心者が安心して通えるパーソナルトレーニングジム」のNEXT GYM TOKYOでパーソナルトレーナー活動をしています。


ダイエットをして「理想の体を手に入れたいけど一人じゃな…」と悩みを抱えている方。ぜひ当ジムの無料カウンセリングにお越しください!