考え方

肩こりは根本の原因を知れば改善できます【問題解決】

こんにちは、しもちゃんです。
今回はこんな疑問に答えていきます。

☑よくある質問
・肩こりが辛くて何をしたらいい?
・どこの筋肉が原因なの?


肩こりは根本の原因を知れば改善できます

肩こりは、男女問わず体の不調に関する悩みでトップクラスです。

ただ、肩こりや腰痛、ダイエットなどを含めてですが、悩み改善をしたいなら悩みの根本の原因を知ることが悩みの改善策としては手っ取り早いです。

なぜなら、その根本こそがあなたの悩みを悪化させているのだから。

肩こりのよくある原因

肩こりと聞くと「肩の筋肉が固いのが原因だよねー」が鉄板だと思います。ただ、これだと肩こりの問題解決には繋がりません。

なぜなら、その肩の筋肉が固くいなる原因を知ることが必要なのです。その例をいくつかあげていきます。

肩の筋肉固くなる前の原因例

☑ 長時間のデスクワーク作業による不良姿勢
☑ スマホの見すぎによる頭部の前方移動
☑ 荷物運びの作業が多い

根本の原因を知った上でどうすればいいのか

肩こり対策としては、「なぜ筋肉が固くなるのか?」の原因を知り、原因を改善をしない限りストレッチや筋トレをしてもその場しのぎになるだけです。

もちろん、筋トレをしたことによって良くなることもありますが、そもそもの改善点を見つけることで、肩こりの再発防止になります。

具体的には、こんな感じです。

☑ 姿勢が悪い→姿勢を正す運動をする
☑ スマホの見すぎによる姿勢不良
 →スマホを見る時間を減らす

肩こりの原因の筋肉は主に3つ

肩こりになる主な原因筋は僧帽筋、肩甲挙筋、胸鎖乳突筋の3つです。

これらの筋肉が固くなることで首周りの血液循環が悪くなり、あなたの肩こりを痛めつけています。

筋肉に対しての対処方法

肩こりに対しての改善方法をいくつかまとめていきます。

原因となる筋肉のストレッチ
☑ 原因となる筋肉のトレーニング
☑ 原因となる筋肉と拮抗する筋肉のトレーニング

最後の「拮抗する筋肉のトレーニング」とは、肩こりにさせる筋肉と反対の動きをする筋肉を鍛えることを意味します。

肩こりになる人の姿勢が猫背で肩が上がっている状態を指すのですが、肩が上がるなら肩を下げるトレーニングをしてあげることが有効的ということです。

トレーニング種目でいうと背中の種目「ラットプルダウン」が当てはまりますね。

結局たどりつくこと

ダイエットにおいても同じことを言えますが、結局は悩みの根本の改善をすれば問題解決はできます。

肩こりなら姿勢が悪いことで猫背になり、肩回りの血行が悪くなり肩に疼痛がでるなど。答えは以外とシンプルなのです。

今回は肩こりの悩みに対する考え方がメインでしたが肩こりに悩むあなた。是非、参考にしてみてください。