考え方

努力しても痩せない人は「サボリ魔」から情報を盗むべき話

毎日努力してるのに、痩せないな..。もうこれ以上の努力はシンドイしなぁ..。痩せる人はどんな裏技を使ってるの?

今回もこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 努力してるのに痩せない人の例を解説
  • 痩せる人の多くはサボり魔な理由も解説

記事の最後には、痩せるための努力法も解説しましたので、今の時点で結果が出なくて苦しんでいる人は、最後までご覧くださいm(__)m

努力してるのに痩せない人の具体例とは

結論、目標にしていることと行動が一致していない。
実は、間違った努力をしている人が多いのも多いですね。

具体例:瘦せたいのに筋トレしかしない

よくある例が、「減せたい」といいつつ、太る根本の食事を変えずに、筋トレばかり頑張るダイエッターです。

正直、目標が「体重を減らす」ことなら食事を変えるのが早い。それもそのはずで、食べれば太るし、食べなければ痩せるから。

これに筋トレもセットで行うことで、痩せるスピードは2倍以上ですね。これが目的に合った考え方。

実際、理解できてる人は多い【ダイエッターは勉強熱心】

とはいいつつも、多くのダイエッターはこう思うだろう。

しもちゃん

痩せたいなら、食事を変えれば効果的ですよ。

ダイエット
初心者

いや、それは自分でもわかってるんだけど..。それが続かないから困ってる。

これが現実。まずは毎日頑張ろうとせずに、積み重ね方式で続けていけばいいと思いますよ。

参考記事として【ダイエット論】食事管理が毎日できないなら、無理しなくてOKです【脱・消耗】を合わせてご覧ください。

痩せてる人の多くは、サボり魔です

ダイエットして痩せた人は、努力自体に重点を置いてないことが事実。

例えば、こんな感じ。

努力に重点を置かない→最短コースで結果を出すならどうするかを考える→最短コースで行動→痩せる

つまり、努力をしすぎてないから、努力し続けて苦しんでいる人から見たら、まるで「サボり魔」のようだ。

参考例:トレーナーとして自分の食事管理をしながらやってきたこと。

このブログの運営目的は、ダイエット初心者にダイエット情報の選択肢を広げてもらうこと。そして、僕のパーソナルトレーニングに興味を持ってもらえるためにも、日々の情報発信をしてます。

じゃあ、これらのために何をし続けているか。
「学習→自分で実践→ブログに書く」正直、これだけ。

こんな感じで、学んだことを自分で実践し、それを元に情報発信をしています。これがパーソナルトレーナーとしての1つの役割ですが、1年ほどSNSを通じで発信していたら、仕事が来るようになりました。

ブログ記事にしたら130記事以上を書いてきましたが、辛いとは感じないですよ。

なぜなら、これが効率的に未来のお客様から「しもちゃん」という存在を知ってもらえる、最短コースと知っているからです。

むしろ、淡々とお客様が来るのを待ってる方が効率悪くて辛い..。

まとめ:努力しても痩せないなら「努力の仕方」を変えよう。

サボって痩せれたら、誰もが嬉しいですよね。

日本人は「努力する」ことに価値を感じやすいですが、それだけで痩せるのは難しい。素直に「どうしたら最短コースで痩せれるか?」を考えて行動すれば、成果は大幅に変わる。

これを理解しておきましょう (‘ω’)/

今日からサボり方を探してみよう

今、頑張っている努力を洗い出し、無駄と感じる項目は即捨てるべき。

ましては、自分一人の努力では対策できないことは、早めに相談してみるのもあり。もしくは、本を読んだりするのも良いですね。

オススメ本:サボる技術

大半の人は「サボる=悪いこと」というイメージを強くもつ。これは「やるべきことをやらないから」でしょう。
ただ、この本の考え方は「サボる=作業効率をあげる」ということ。2つの「サボる」を詳しく解説しているのが、「サボる技術」という本なんです。

努力は悪いことではないが、「サボる」ことも必要。努力しすぎて苦しくなっている人は、ぜひ手にとってみてください。