考え方

デブ思考5選【考え方を変えれば痩せます】

こんにちは、しもちゃんです。

今回はシンプルにおデブちゃんの思考についてお話します。意外と「私は大丈夫!」という人に限ってデブ思考です。

デブ思考5つ紹介

「ダイエットするもなかなかうまくいかない…」なんてことは日常茶飯事に起こることです。なぜなら、あなたの思考(マインド)がデブなのです。

今からお伝えする思考が3つ以上当てはまっていたらマジで行動を変えるべきです。思考と行動を変えれば、ぶっちゃけ痩せます。

デブ思考①:「言い訳ばかり」


「会社の上司にお菓子貰って食べちゃいました…。」
「お菓子のお土産貰って捨てられなくて…。」
「毎日忙しくて食事管理が乱れて…。」

厳しい言い方になりますが、正直これらは言い訳になります。なぜなら、食事面だと誰に何を貰うも”食べるという選択をしたのはあなた自身”ということです。

ダイエット以外でも言い訳ばかりの人は、一度思考チェンジすべきです。


デブ思考➁:「食べなきゃ痩せる思考」

ぶっちゃけ、食べなければ痩せるのは事実です。ただ、その後に元の量を食べたら太るのも事実。リバウンドが趣味でないのであれば、これはまず思考として外すべきです。

何を食べていいか悩む人は合わせて下記の記事を読むのをオススメします。


そして、極度に食べる量が減れば”栄養失調”としてあなたの体と心はボロボロになっていきます。それが頑張りすぎるダイエッターにがなりがちな”摂食障害”という症状として現れるケースも少なくありません。

あなたに必要な栄養素を適切な食材で、摂取してください。

デブ思考③:「他人との比較が多い」

「あの子は○○して痩せたのに私は…。」
「あの子だから○○できたんだよな…。」

など自分と誰かを比較しているあなたは、まず他人のことは気にせず自分のダイエットの専念したいですね。

ぶっちゃけ、他人の生活リズムや仕事内容、育った環境を含めて比較したところで違うものは違うのです。痩せたいのであれば、今の自分の体と気持ちに向き合いましょう。

周りを気にせず地道にダイエットしていたら、少しづつ必ず成果が見えます。これは必ずです。

デブ思考④:「先送りが多いダイエット」

「明日から頑張ろう!」と、今すぐに行動しないダイエットでは一生デブです。ダイエット成功のカギは”行動力”“継続力”です。ダイエットに限らず、面倒くさいことを後回しにする人は、デブ思考になりやすいです。

食事管理や習慣的な運動が面倒くさくても行動が大切です。

デブ思考⑤:「常にネガティブ」

これは僕個人の偏見になりますが、ダイエット成功する人は、生活がアクティブで、感情もポジティブです。これとは逆にネガティブ思考の人は、「痩せない」とわかったら気持が一気に下がりダイエットを諦めます。

僕は、物事を全てプラスに考えるという言葉の意味を持つ“パラダイム”という言葉が好きです。本気で体を変えたいのなら前向きな気持ちでダイエットに専念してみてください。


まとめ

以上がデブ思考5つです。ダイエットは「結果」がつきものなので、ぶっちゃけ最初は痩せない、痩せたで気持ちが乱れます。そんな時こそ、「今」の現状に向き合うことでダイエットとうまく付き合うことができます。

おめでとうございます。今日からデブ思考の脱出です。