ダイエット

【脱・食わず嫌い】『ピーマン』の栄養がダイエットパワーになる!

ピーマンって苦いから食わず嫌いが多い。
けど、この苦味を含めて栄養が高いんですよ!


ちなみに主な栄養は、下記の3つ。

  • クエルシトリン
  • β-カロテン
  • ビタミンC



それぞれ順に解説してみます。


クエルシトリン


ピーマンって苦いですよね。この苦味を作り出しているのが、ポリフェノールの一種「クエルシトルリン」にピーマン特有の匂いが混じっている状態。

ダイエット
初心者

苦味を作り出してるならクエルシトルリンの栄養は、ダイエットに関係なくない?



こう思うよね。でも、クエルシトルリンって「高血圧を抑える働き」や「抗うつの働き」がある。

ということは、カラダの健康状態を良くしてくれるのです



痩せるために食べるんじゃなくて、健康のために食べる。そもそも論「ダイエット=生活習慣の改善」ですから。
関連記事 : そもそも、ダイエットとは何か…?【1から考えてみる】

β-カロテン


粘膜や皮膚の健康状態を良くする栄養。その他、免疫力を高めたり、視力を良くしたりする働きもある。


最近はコロナも怖いし、ピーマン食べて免疫力を高めておきたいですね♪

ビタミンC


ビタミンCが体に良いコトは有名ですね。主な効果は、下記のとおりです。

  • 疲れをとる
  • ストレスを打ち消す
  • アンチエイジング



ビタミンCを食材から積極的に食べてる人で、太ってる人は、ほとんどいない。

というのも、ビタミンCを多く含んでる食材は「自然食材」ばかり。自然食材をたっぷり食べる生活をしてれば、食生活はかなり改善されるんです٩( ‘ω’ )و