考え方

ダイエット中の努力が続かない人の、たった1つの特徴【改善策も紹介】

質問者

痩せるために努力したいけど、全然続かない…。痩せるためにも努力しないといけないのは、わかってるけど…。このまま、努力が続かない人生になるのかな。

こんにちは、しもちゃん(@shimo_fit)です。
今回はこういった質問に答えていきます。

本記事の内容

  • 努力が続かない人の特徴を解説
  • 努力が続かない人に向けて改善策がある話

上記を深掘りつつ、解説していきます。

この記事を書いている僕は、努力が得意で「ブログ毎日更新が150日目」や「Instagram毎日更新を2年間ほど続けて現在フォロワー9,500人前後(最近は過去の投稿を消してしまってます)」という感じです

また、「努力を続けること」だけに目を向けるだけでなく「結果を残す」こともできているので、今回の内容もわりと信頼性があります。

ダイエット中の努力が続かない人の、たった1つの特徴とは

結論「本気で努力しようと思っていない」です。

なぜ、本気で努力しようと思えていないのか?

本気で努力しようと思ってない人は「目標が高すぎ」か「ダイエットすることよりも食べることやグータラする時間を多くつくる方が優先順位が高い」からなんだと思います。

要は「違うところで努力している」のです。他で努力してるのに、また努力量を増やすのは、ぶっちゃけシンドイですからね。

なので、「なぜ本気でダイエットと向き合えないのか」を考える時間を作ることから始めるのもあり。

では、本気で努力してる人は何をしてる?

実際の僕のお客さんを例に、いくつか行動をまとめていきます。

  • パーソナルトレーニング以外でも、有酸素運動をしたり家で筋トレしたり
  • ダイエット中の飲み会は断る
  • 早寝早起きをして、生活リズムを変える
  • 自分でダイエットに関する情報を調べたり、人に聞いたり行動している

こんな感じ。
努力する内容に関しては、小さいことから大きいことまで何でもOK。というのも「努力0から1に変えよう」という行動が大切です。

実際の僕のお客さんが本気で努力したことを、10kg痩せるために、お客さんが行動したこと【失敗だらけ/結果12.75kg瘦せました】でまとめているので、合わせてご覧ください <(_ _)>

本気で努力できない人でも、改善策はあります

努力が続かないなら、本気で努力が続く「環境」を作りましょう。

努力が続くように自分から動き、環境を変えないと体はこの先もプー太郎体系。

環境を変えれば「努力」が自然と身につく

というのも「環境を変える」という1つの行動だけでも、「努力した」という経験値が貯まります。

また、本記事で話す「環境を変える」とは、良い環境だけに変わると思わず、わりとネガティブになる環境に変わることもあるってことも、把握しておきましょう。

失敗する時も「努力した人」ならではの代償ですよ。「失敗」はむしろ、ポジションにとらえてOK。

挑戦できる環境があれば、継続力もUP

基本的に、努力を継続的に続けることができる人は、周りの環境に恵まれているケースが多いですね。もちろん、本人の努力量もありますが。

なので、努力ができなくて悩んでいる人は、「自分はどんな環境であれば努力できるのか」を一度考えてみるのもいいと思いますよ(‘ω’)ノ

まとめ : 努力が続くための考え方

今回の内容を下記にまとめてみます。

  • 努力が続かない人は、本気で努力しようとしてない
  • 大半の人は、違うところで努力をしている
  • 環境を変えれば、努力が続きやすくなることもある

こんな感じ。

ぶっちゃけ、努力を積み重ねるのを続けるのはシンドイですが、努力を積み重ねた後のことを考えたら、よい出来事が必ず待っています。
ダイエットでいえば「引き締まった体」ですね。

ぜひ、気持ちで負けずに努力をし続けてください。
応援しています。

オススメ本 : 1%の努力

1%の努力でも、努力をすることが「大切」だとわかる1冊。これを読むと小さい努力でも頑張ってみようかなと思えるようになれます。