考え方

ダイエットで「失敗する」ことは、悪いことではない話【もっと失敗してOK】

ダイエット
初心者

今「○○」って本に書いてあるダイエット方法を試してるんだけど、効果ありますか?

どうも、しもちゃん(@shimo_fit)です。
今回も上記のようにダイエットに悩む人の問題を解決していきます。

本記事の内容

この記事を書いている僕の職業柄、ダイエットに関する質問を多く受けます。

が、大体の人は「○○を続けていて、本当に痩せますか?」という「失敗したくないから、今やってる内容が間違ってないか教えて?ねぇ、教えてよ!」という内容。

ただ、言わせてほしい。
この話の結論ではっきり言えることは、、

しもちゃん

正直その行動が間違ってるか、あってるのかは、僕にはわかんない…笑

最短コースで「100%完璧に成果を出す」のは無理ゲー

こんな風に書いてしまいましたが、質問者の気持ちは無茶苦茶よくわかる。
というのも「頑張ったのに成果が出ないのはツライ..」し「頑張ってることで失敗したら気持ち的にもシンドイ..」という感じになりますよね。

サッカー選手も失敗のおかげで「プロ」になる

例え話ですが、「プロのサッカー選手になりたい」と思って超強豪のサッカースクールに入るとする。ただ、いくら強豪のサッカースクールに入ったからと言って、一度も試合で負けたり、怪我をしたりせずに「プロサッカー選手になる人」は、まずいない。

多くのダイエッターは、これを目指そうとしてるのです。かなり無茶。今すぐ、この思考を捨てよう。

サッカーも強い選手ほど、悔しい経験や失敗を繰り返して、上手くなっているのが事実。

行動しないと失敗できない

サッカーでの例えのまま、進みます。

まず、失敗をする人には、1つの大きな特徴がある。

それは「行動し続けている」ってこと。

プロサッカー選手になるためには、何をしないとなれないのかを1度考えてみよう。例えば下記のとおり。

  • 練習
  • 試合にでる

そもそも論ですが、練習して試合にでなければ、成績も残せないしプロのサッカーチームからスカウトも間違いなく来ない。そして、試合にでて「100%負けずにプロになれるか?」と言われたら100%無理ゲー。

つまり、試合に何度も出場して勝てる回数を増やして経験値を積んでいくしかないのです。「行動=失敗」はセット。これは間違いないし、失敗は悪いことではない。

この考え方は、間違いなくダイエットでも同じ。

ダイエットで失敗しても、損するのは「時間」くらい

  • 食事 → 普通に暮らしていても、毎日かかるコスト
  • 運動 → 体を動かすだけで、元気な体がつくれる

こんな感じでダイエットで失敗することって、普通生活と変わりないから失敗してもリスクは小さい。

仮に多額の金額がかかるダイエットジムに入会したのであれば、お金も失ってしまいますが、、、ただ、何十万払ってサポートを受けて「私にはやっぱりダイエットは続かないんだ..」と気づけたのであれば、気づけないことに気づけた代として考えたほうがいいですね。

これは大事な経験だし、行動しなかったら一生わからなかった経験。

ダイエットジム入会者がダイエット結果を残せる理由

答えは「高額な会費を払ってるから絶対に損をしたくない」から。

何にお金を投資しても「損」はしたくないですよね、、、だからダイエットジムに入会する人は、普段ダイエットに前のめりじゃない人でも続くし結果も残せるのです。

「ダイエット失敗=悪い」ことじゃないから、行動してみよう

要は「チャレンジ→失敗→試行錯誤→チャレンジ」の流れを覚えることが大切。

失敗を前提で行動するために大切なこと

答えは「行動する」しかない。これは絶対に。

答えになっているかは微妙だけど、これしか成功するも失敗するも方法がないのです。ただ、どうしようもないくらい「行動して失敗したくない」って人、は無茶苦茶「小さい行動」を積み重ねましょう

例えば、こんな感じ。

  • スクワット1日3回を1週間継続する
  • いつもより5分早く寝る準備をする
  • 1週間のうち1回だけ魚を食べる

これなら、行動して失敗しても「リスク0」だけど、ちゃんと行動できてますよ。

「行動」する勇気をくれるオススメ本を紹介します

色々話してきましたが「行動=マインド(気持ち)」もセットだと、思っています。つまり、マインドを変えることで、行動も変わるということ。

今回は2冊、オススメ本を紹介します。
よければ、手に入れてみてくださいね (‘ω’)/

オススメ本① : 神様とのおしゃべり

神様とのおしゃべりには、行動や考え方が180°ガラッと変わる内容がずっしりと詰まっている。

というのも、あなたが頭で考えていることが全て目の前の現実を作っていて、鏡の前にいる自分は「自分がなりたいと思って作り上げられた自分」になるということなのです。

例え話でいうと、「ダイエット中にお菓子をやめれない=そこまで痩せたいと思ってないからお菓子をやめてない」という繋がり。
この考え方を知れた時は、本を読みながら鳥肌がとまりませんでした。

オススメ本 : アウトプット大全

アウトプット大全には、情報収集も悪くないけど、学んだことを「行動」にしていかないと「意味がない」ということが書いてある。
ダイエッターであるあるなのが、雑誌やYouTubeで「痩せる情報を学ぶ(インプット)」するけど、「行動(アウトプット)」する人が少ない。

いくら「瘦せる」情報をもっていても、行動しなければ成果はゼロ。

結論 : もっと失敗しよう

というわけで、今回は以上です。
大切なことは「失敗しても全然OK」と思いながら、行動してみるということ。

「失敗する=恥ずかしい」とイメージをもたれガチですが、とんだ勘違い。成功者のだれもが必ず通る道です。

「これ恥ずかしいな..」と思ったら、こう思うことが大切。

「お!今、行動してるじゃん!」