ダイエット

ダイエットに最適な朝ご飯【問題解決】

こんにちは、しもちゃんです。
今回もこんな疑問に答えていきます。

☑本記事の内容
・朝ご飯にオススメな食事がわかる
・その中でもとっておきの食材がある


ダイエットに最適な朝ご飯

朝ご飯といえば、お米やパン、グリーンスムージーなど色々なレパートリーがありますね。ただ、今回僕がオススメする朝ご飯は果物です。

ご飯やパンでもお腹を満たせますが、果物は朝ご飯に最も適しているといっても過言ではありません。

朝ご飯は果物がベスト

普段の食生活でもダイエットにおいてはも朝ご飯に果物はオススメです。

なぜなら、果物にはビタミンやミネラル、水分が豊富に含まれていて食材の中でも栄養価が高いのです。更に、自然食事材の中でも最も甘みがあるため、ダイエット中の甘いモノ欲求不満に対しての良い代案となります。

砂糖や添加物まみれのスイーツを食べるのではなく、朝から栄養価の高い果物を食べることで、日中に溜まるストレスにも対抗ができます。つまり、甘いモノ(砂糖)に対しての依存から脱出しやすくなるのです。

特に種まで食べれる果物がオススメ

果物の中でもトップクラスにオススメするのは、種ごと食べれるイチゴやキウイです。

だいたいの果物にも、ダイエットのサポートをしてくれるビタミンやミネラルを含みますが、果物の種にはオメガ3という俗にいう瘦せる脂が含まれます。

このオメガ3は、魚や亜麻仁油、クルミなどに含まれますが意識して摂取しないと不足しやすい栄養素です。せっかく、果物を食べるのであれば種ごと食べれるイチゴやキウイがオススメです。

ぶっちゃけ、菓子パンで毎朝100~200円払うならキウイの方が安価ですし、同じ食費でもダイエット面で考えても痩せるスピードの差はケタ違いです。

半日ファスティング効果

生活リズムが整っている人だと夜ご飯は19時~20時くらいには食べ終えていると思います。その後、何も食べない人であれば次に口に食べ物を入れるのは朝7時頃に食べる朝ご飯のです。つまり、食事間は約半日何も食べない断食状態です。

これは半日ファスティングといって、寝てる間に内臓がゆっくり休まりダイエット効果の期待が高まります。

なぜなら、胃腸に食べ物が滞在しないことで空腹時間を作れるため成長ホルモンの働きが活発になり、脂肪燃焼の効果があるためです。ぶっちゃけ、痩せない人ほど空腹時間がないですね。

断食後はミネラル補給

断食後は内蔵が休まった後なので、ガッツリした食事では内蔵がびっくりしてしまいます。朝は水分やミネラル豊富な果物を摂取することでプチ断食後の胃腸をうまく調整をしてくれます。

体重を落としたいのであれば、内臓の働きを徐々に働かせる食事の仕方をすることで、ダイエットにも繋がります。

まとめ

果物は「果糖」という糖質が脂肪になりやすいから、ダイエットには向いてないという意見もありますが、果物にはそれ以上の価値があります。

ぶっちゃけ、自然の果糖がダメで、ダイエット食品やプロテインがOKなのは不思議ですね。果物は、自然界の中でも甘みの強く栄養素も豊富に含む最強食材です。

是非、今回の記事を参考に朝ご飯に果物を食べる習慣を身につけてみてください。