ダイエット

ダイエットするなら、有酸素運動もしよう【メリットは5つあります】

こんにちは、しもちゃん(@shimo_fit)です。


趣味はウォーキングです。
息が上がるほど疲れないけど、ウォーキングも有酸素運動になります。


さて、昨日こんなツイートをしました。

シンプルな話だけど「有酸素運動」をすれば、下記のメリットがある。

・脂肪燃える
・体力つく
・疲労回復
・老廃物の除去
・気分スッキリ

わりと「有酸素運動=痩せるための運動」のイメージが持たれガチだけど、体力つくし、気分がスッキリするし、ダイエット以外の人もやるメリットしかないよね💡



走れば汗をかき、頭も体もスッキリします。
今回は「有酸素運動をすべき理由」を書きました。

ダイエット中に有酸素運動をする5つのメリット

繰り返しですが、下記のとおり。

  • その➀ : 脂肪が燃える
  • その➁ : 体力がつく
  • その③ : 疲れた体を回復させる
  • その④ : 血液中の老廃物を外に出す
  • その⑤ : 汗を流して気持ちスッキリ



これらを順に解説します。

その➀ : 脂肪が燃える


やはり、ダイエット中の有酸素運動といえば「脂肪燃焼」ですよね。


運動中に酸素をたっぷりと吸い込んで、吐き出す。
そうすることで、脂肪が燃えやすくなるのです。


あとは、

シンプルに消費カロリーが多い。体重を落とす原則として「摂取カロリー<消費カロリー」です。



食事を見直しつつ、走るべし。

その➁ : 体力がつく


長時間、体を動かす運動を続けていれば、体力がつきます。
体力がつけば、生活していても疲れづらい。


普段からエスカレーターばかり使う人、買い物後の荷物を持ち運ぶのに一苦労な人。


とりあえず、体力をつけましょう。

その③ : 疲れが溜まった体を、回復させる


これは筋トレ後の話です。

というのも、筋トレをすれば「乳酸」と呼ばれる疲労物質が体に住み込みます。
これが溜まることで「疲れた…」という感覚に。

この乳酸を除去しよう、としてくれるのが有酸素運動。「筋トレ後に有酸素運動するのが良い」って話は有名だけど、理由はコレです。



疲れた体を回復させつつ、脂肪も燃やすWメリット(^^♪

その④ : 血液中の老廃物を外に出す


そもそも、汗って「老廃物」なんです。
ランニングやエアロバイク経験者はイメージできますが、有酸素運動をすると汗の量が多いですよね。

つまり、体を動かして汗が出ることで、老廃物を出し、デトックスに繋がる。結果として、ダイエット効果になるのです。



さらに、汗を流すことでリンパの流れが良くなります。


全身のリンパの流れが良くなることは、体のむくみが取れたり、体重が落ちやすかったりと、メリットばかり。

その⑤ : 汗を流せて、気持ちもスッキリ


これもシンプルな話、運動した後は体も心もスッキリしますよね。


運動する前は「メンドイな…」とか思うけど、運動を始めちゃえば、案外「体がスッキリした、頑張って良かった」と感じるし。

メリットがあるなら、デメリットもある話


当然ながら、デメリットもあります。
今回は2つを話しますね。

その➀ : 時間の効率が悪い


大体30分のランニングをして消費するカロリーは、200~300kcalくらい。
これは、「コンビニのおにぎり1個分くらいのカロリー」が消費できたイメージですね。


こう考えちゃうと、「せっかく30分も走ったのに、それしか痩せてないのか…」と落ち込む人も多い。
でも、これが現実です。

その➁ : 筋肉が分解されやすい


運動時間が長ければ、体のエネルギーは減ります。


エネルギーが減ってる段階で運動を続ければ「筋肉からエネルギー」を作り出そうとする。

これが俗にいう「筋分解」です。



当然ながら、筋肉が分解され続ければ代謝は落ちますね。

そもそも有酸素運動は、どんな人がやるべきか

走ったり、バイクを漕ぐのが好きな人が、続けましょう。
なぜなら、続くからです。

走るのが嫌いな人は、どうしますか


ちょっと具体例を出します。


「痩せたい」って目的の人がいる。
その人は「私、筋トレは頑張れるけど、有酸素運動するのがマジで無理なんですけど…」って言い、ランニングをイヤイヤながらも頑張っています。


さて、この人は2か月後にどうなったでしょう。

答え : やる気が行方不明


これは、過去に僕が担当してきたお客さんをみて感じてた答えです。わりと偏見かもですが、僕が感じた事実。

走るのが嫌いなら、違うことをする。
違うこともできそうになかったら、諦める勇気も大事。



ダイエットのための運動は、たくさんありますので。
1つに絞る必要はなし。

体力がつけば、筋トレの効果が100倍になる


昨日、こんなツイートもしました。



わりと大半の人は、「有酸素運動したから瘦せる」とだけ思いがちだけど、それ以外にも考え方はある。

例えば、「有酸素運動する→体力つく→筋トレで持てる重さが変わる(または出来る回数が増える)→運動量が増える→瘦せる」という流れです。



有酸素運動が嫌いの筋トレ友達にこのをメリット話をした途端、走り出したのは今でも思い出です。

とりあえず、走ってみよう


最重要なことは「興味があるなら、やってみよう」です。
仮に有酸素運動して意味がないと感じるなら、止めてもOK。他にも頑張れる行動は山ほどありますので。


僕も基本「とりあえず、やってみるスタンス」で生きてます。

走ったり、バイクを漕いだり、グループレッスンに参加してみたり。そんな僕がいろいろ試して続いたのが、ウォーキングでした。今では趣味です。



さて、ダイエット中のあなた。
今日は何のチャレンジをしますか?



僕は、今日の朝もウォーキング。
今日も一日頑張りましょう!(^^)!