考え方

ダイエット中の「努力」が続かないのは、なぜか?【答え:目標が見えてない】


どうも、しもちゃん(@shimo_fit)です。
昨日、下記のツイートをしました。

ダイエットしたくても「努力できない…」と悩む人の原因は「目標が曖昧」なんだと思う。 昔の僕は、大学受験に2度失敗。当時は「未来」が見えず、わりと悩んだ。しかし、なんとなく生活しているうちに「目標」ができ、そこからは、努力が続き「未来」が想像つくように。詳しくは、ブログに書きます☺️



目標が見えてない人ほど、努力が続かない。
だって、挑戦する意味が本人の中でないからね。



今回は、僕の経験談を踏まえつつ執筆します<(_ _)>

「努力」が続かないのは、なぜか?

繰り返しになりますが、努力ができない原因は「目標が見えていないから」です。

目標がイメージできると、モチベが上がる


そもそも論ですが、目標が見えていないのに「努力」し続けるのって無理ゲーですよね。


例えば「車が欲しいから、お金を貯めて買うぞ」と思っても、「どのメーカーのどの種類の車が欲しい」という具体的なイメージがないといけない。
だって、いくら費用が必要なのか、どのくらいの期間貯金が必要なのかが分からないから…。

何か努力するときに、具体的なイメージができている人ほど、努力ができる。



努力ができたら、あとは継続するだけですから。
イメージは具体的かつ、目標達成できた時のワクワク感を常に持って置くことが大切です。

体験談 : 僕が大学受験で失敗した理由


失敗した原因は、「なんとなく大学受験をしたから」です。


今思えば、大学に行きたかったわけではなかった。

というのも、親や学校の先生からは「大学に行きなさい」と言われ続け、とりあえず「大学に行く」事が僕の使命になっていたから。




当然ながら、なんとなく大学を選んで受験をしたから、2度も失敗。その後に「スポーツに関わる仕事がしたいのかも」と思うようになり、スポーツ専門学校を受験。


そしたら、案の定「スポーツ推薦」をGET。笑

目標が見えた結果 : ブログの毎日更新を継続中


最近では「ブログを執筆しながら鎌倉で暮らしたい」という目標があるから、毎日ブログ更新してても苦痛ではない。


目標まで2年、3年、もしかしたら5年かかるかもしれないけど、僕の頭の中では「鎌倉の海が見える近くに住んで、海を見ながらブログを書いてる僕」がいつもいます。


想像するだけでワクワク。
これが僕が、楽しく努力ができている理由です。

1人で努力が続かないなら、仲間を見つけよう


一緒に頑張れる仲間を作れたら、努力が続きやすい。
ぶっちゃけ、仲間がいる環境を作らないと、わりと努力を継続するのは難しいかも…。

というのも、「運動会のリレーで競争相手がいないリレー」をしても、やる気出ないですよね。頑張っている人が近くにいるからこそ、休み時間や放課後に走る練習をする。



仲間の数は多すぎても、メンドイから2~3人いればいいと思いますよ。

SNSを始めるのが一番始めやすい


SNSを活用すれば、わりと仲間は見つかります。
僕はInstagramを通じて、トレーナー仲間との交流が増えましたし!


ちなみに、下記のSNSを活用すれば仲間を見つけやすいですよ。

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook


SNSは無料だし、日記のような感覚で想いを発信していれば、コメントくれる人も多いし、モチベもUP。


僕も引き続き、仲間探しを続けていきます。

何でもいいから、始めてみるのもあり

ダイエットに成功している人を見ていると、「とにかく行動している」と思う。
成果が出る出ないに関わらず、その答えを知るために行動してますね。

運動は筋トレとランニングが全てじゃない


ダイエット中の努力項目として、運動がありますね。大半の人は、「運動するのがメンドイ」とか「ジムに行くのがメンドイ」という理由で努力をしない人が多いと思う。


そんな人は、一旦「運動=ジムに行く、筋トレする」という考え方を止めてみるのも、あり。

「運動=遊び」です


そう、運動は遊び。
だから、筋トレやランニングにこだわる必要はないかな、と感じる。


例えば、下記のような「遊び」も運動ですから。

  • トランポリン
  • 大自然でのアスレチック
  • 海水浴
  • 登山
  • ラフティング


僕自身トレーナーという職業だけど、筋トレで追い込むとかは、好きじゃないです。
だからこそ、他の遊びで体を動かして汗をかいている(笑)



せっかくなので、オススメの遊び場などをまとめた記事を貼っておくので、よければどうぞ (^^♪

シンプルに専属トレーナーと頑張るのも、あり


いえば、パーソナルトレーナーも「仲間づくり」に当てはまりますね。というのも、二人三脚で筋トレや食事管理を一緒にしますので。

努力ができないなら、自分から環境を作るしかない。これに限ります。



ちなみに僕がいるパーソナルジムに関しては、以前記事にしてるので合わせてご覧くださいませ <(_ _)>
≫参照 : 【目黒】ダイエットジムを探しているならNEXT GYM TOKYO【僕が活動している場所です】

行動してみたら、わりと努力できる


行動してみて、新しい刺激を感じ、新しい仲間がいる環境を作ってみると「よし、頑張るか」と勝手に努力ができるようになるはずです。

僕は会社員の時は、周りのトレーナーたちが「勉強しなくても、いいでしょ」の人が多く、一時期「努力している自分が馬鹿らしく思えた」時もあった。が、これでは「まずい…」と思って、フリーランスという道を選びました。



環境を変えた先は、フリーランスの人が多く、SNSの情報発信を見てると、「負けてたまるか」と僕にも火がつくことばかりです。



続かない努力をするよりも、環境を変えたり、一緒に頑張る仲間を作ることは、努力を続ける上では大切。
マジで過去の失敗談なども踏まえて思う。



というわけで今回は以上にします。
最後まで読んでくださり、ありがとうございます!