ダイエット

【トレーナー解説】筋トレ後に筋肉痛なくてもOKです

こんにちは、しもちゃんです。
今回はこんな疑問に答えていきます。

☑ダイエット中の疑問
・筋トレして筋肉痛こない
・筋肉痛がないと意味がない?


結論は、筋肉痛がなくても大丈夫です。なぜなら、筋トレして筋肉に刺激が与えられていればOKなのです。「あー今日も疲労感あるな~!」という感覚があれば、筋肉に刺激が与えられています。

その理由を、順に解説します。


筋肉痛がなくてもOKな理由

筋トレして筋肉痛がないと「やり方あってるのかな?」と心配になりますよね。でも、これは大丈夫です。ぶっちゃけ、筋トレで体に疲労感が入っていれば筋トレの成果としては出ています。

また、筋トレしても筋肉痛が起きづらい人は、「トレーニングによる刺激が慣れた」だけなので、もしどうしても筋肉痛が欲しいのなら下記の点を参考にしてみると良いです。

☑ 筋トレで扱う重量を増やす
☑ 1日で全部の筋トレをせず部位をわける
☑ 1setでのトレーニング回数を増やす


また、初めて筋トレした後は、本気で泣きそうなくらい筋肉痛に襲われるケースが多いです。これは、まだ運動負荷に体が慣れていないためですね。

ダイエット初心者あるあるなのが、1回目の筋肉痛=筋肉痛というイメージを持ちすぎて、筋肉痛があっても「筋肉痛がない」という感覚になることがあります。実際、運動負荷に体が慣れれば筋肉痛の度合いも変わります。

筋肉痛になる理由

筋肉痛がおこる理由は“日常生活以上での負荷が体にかかった時に筋肉の筋線維が損傷されるため”です。これにより“炎症反応(痛み)”がおこります。

筋トレでいえば、重りを持ち筋肉の伸び縮みをさせることで、筋線維の損傷を起こします。このことからも、筋肉痛をおこすのであれば、自主トレーニングよりもダンベルなどを使うトレーニングがベストです。

ちなみに、後ほど細かく説明しますが、筋肉痛に痛みを悪化させる食事もあります。

筋肉痛の回復にすべきこと

では、実際に筋肉痛が起きた時にどうすれば痛みが弱まるのかです。これは筋肉痛ある/なしに関わらず筋肉の成長やダイエット効果を高めることにも有効なことです。

それが下記のポイントです。

☑ 睡眠 (理想は22時~2時までに)
☑ 入浴 (理想は10分以上)
☑ たんぱく質摂取 (3食まんべんなく)
☑ 使った筋肉のストレッチ


これらは健康的な生活を送る上でも重要なポイントです。以外と太っていることをコンプレックスに感じている人こそ上記のポイントができてないです。

筋肉痛を悪化させる食事内容

筋トレ後に摂取する事で筋肉痛を悪化させる食事があります。それが下記の食事です。

☑菓子パンなどトランス脂肪酸を含むモノ
☑砂糖たっぷりスイーツ
☑アルコール
☑コンビニなどの揚げ物


これらは、筋肉痛の悪化だけではなく生理痛や肩こり、腰痛の痛みまでも促進させる食事です。ましては太る食事の醍醐味でもありますね。

まずは、筋トレした後は避ける生活を過ごしてみてください。

まとめ

以上が筋肉痛に関する紹介です。
最後にポイントをまとめます。

☑筋肉痛がなくても体に刺激があればOK
☑最初の筋肉痛は毎回こない
☑筋肉痛を増す食事がる


筋トレに対して努力をしている人は、「筋肉痛」という結果がでないとぶっちゃけ、悲しい気持ちになりますよね。ただ、今回一番お伝えしたいのが、筋トレ=必ず筋肉痛があるわけではないということです。

気持ちで負けず、筋トレを積み重ねましょう。応援してます。