ダイエット

【ダイエット目的】自宅トレするならスクワットが最強【理由3つ】

筋トレ初心者

「家で筋トレする場合は、何の種類をやるのがオススメ?」


というわけで、今回は家で筋トレするなら「この種目!」についてまとめました。結論は、トレーニング界の王様“スクワット”です。

実際のお客様にも、宿題としてスクワットをやってもらいます。とりあえず、ダイエット目的ならスクワットをやっとけばOKです。



自宅トレ最強の種目「スクワット」の効果3選

「家でトレーニングしよう!」と思っても、色んなトレーニングあるから何やればいいかわからなくなりますよね。そんな人にマジでオススメする筋トレ種目は、“スクワット”です。

理由は、下記の3つの通りです。


1-1.足痩せに効果的

スクワットで使う筋肉は、美脚づくりのためにも効果的な種目です。ちなみに主に下記の筋肉を使用します。

スクワットで使う筋肉

・大腿四頭筋 (腿の前側)
・ハムストリングス (腿の裏側)
・殿筋群 (お尻周り)
・内転筋群 (腿の内側)


スクワット一つ行うことで上記の筋肉を使うことができます。これらの筋肉を引き締めることで、たるんだ筋肉を使い美脚をつくることができます。

スクワットの回数は、20回×3~5セットを目安にチャレンジ。できる人は、それ以上でもOKです♪

1-2.スクワットは運動量が多い

スクワットの動作「しゃがむ→立つ」では、股関節・膝関節・足関節の3つの関節を曲げ伸ばしすることになります。

つまり、ただ足痩せするにも効果的もあるが、使う関節数も多いので、運動量も多くなり代謝アップにも期待ができます


1-3.やる気をあげるホルモンが分泌

スクワットを行うことで体内では下記のホルモンが、バンバン分泌されていきます。

スクワットで分泌されるホルモン

①ドーパミン:やる気を高める
➁セロトニン:充実度をあげる
③オキシトシン:リラックスできる


痩せたい人以外でも、仕事のやる気が高まらない人や毎日の生活に充実を感じない人は、スクワットをやることで身体に対しては、メリットでしかないのです。

スクワットの強度を最大限に引き上げるには

自宅だとバーベルやダンベルがないので、ある一定までくると「普通」のスクワットでは、強度が弱くなります。

そうなったら、飛んでください。
スクワットジャンプという種目です。

足で地面をより蹴る力が必要となり、運動強度がドーンと上がります。

まとめ

以上がスクワットを行うメリットです。ぶっちゃけ、スクワットは道具なしでできる手軽な筋トレなので、ジム通いしてないダイエッターはやるしかありません。

まずは、行動を。