ダイエット

【痩せる方法】寝る子は痩せます

こんにちは、しもちゃんです。
今日はこんな疑問に答えていきます。

☑疑問点
・睡眠中に筋肉が大きくなるの?
・睡眠時間が短いと痩せないの?

睡眠時間が短く、夜更かしばかりの生活では正直痩せづらいです。なぜなら、瘦せるためにも必要な「成長ホルモン」の働きが弱くなるためです。順を追って解説します。

睡眠はダイエット効果あります

適切な睡眠時間を作れば効率よく「痩せる」ことができます。なぜなら、健康づくり(痩せるを含めた)には、運動・栄養・休養の3つのジャンルをアプローチする必要があるからです。

痩せるために激しい運動や食事制限だけではなく、適切な休養が「痩せる」ためにも必要不可欠です。また、睡眠とダイエットには下記の3つの繋がりがあります。

寝てる間に成長ホルモンが多く分泌される

睡眠時には瘦せるためにも重要な“成長ホルモン”が分泌されます。成長ホルモンの働きは下記の通りです。

成長ホルモンの役割

・筋肉の成長をサポート
・体脂肪の分解をサポート
・骨の成長を促進
・アンチエイジング

ダイエットには「早寝早起きは良いこと」と聞いたことがあると思います。これは、成長ホルモンの分泌により脂肪が分解され筋肉の成長をしやすくできるため、結果としてダイエット効果が期待できるのです。

ぶっちゃけ、適切な睡眠がとれていたら痩せやすいです。

1日の生活がアクティブになる

まず、始めに睡眠時間の確保ができないことで私生活面からみて下記のデメリットがあります。

つまり、痩せる以前に適切な睡眠が確保できないことで日常生活の質が下がります。瘦せるためにもアクティブな生活は必要であり、それには睡眠が重要になります。


ダイエットするなら睡眠時間の確保が必要です

先ほど、睡眠中に成長ホルモンの分泌があり、成長ホルモンの働きとして“脂肪の分解をサポート””筋肉の成長をサポート”があるとお伝えしました。この成長ホルモンの効果を最大限に実感するためには下記の睡眠の条件があります。

今回はお話した通り、適切な睡眠をすることで「痩せる+筋肉が成長しやすい」体を作りやすくします。寝る子は育つという言葉はまさに理にかなっているのです。